エレファント・コム

クライアントのニーズを理解するところからはじめ、成功へのシナリオをクリエイティブを通して実現する、クリエイティブエージェンシーです。

一辺倒でない提案に込められた、デザイナーの誇りと意気込みに共感。株式会社インテリックス リノヴェックス企画部 関山大輔様

エレファントさんは以前より、「一度は依頼してみたい」と思っていた会社でした。4,5年前になりますが、前職で受けたエレファントさんのプレゼンが、非常に面白く忘れ難かったのです。現在では当たり前になりましたが、その当時にはまだ奇抜だったオールフラッシュのコンテンツ提案で、ロゴデザインも素晴らしかった。グラフィックとWeb、どちらも面白い提案ができる会社って、なかなか見つからないですよ。とにかく発想がユニークで、デザインセンスがすぐれた会社だというイメージがありました。

企業の思いを目に見えるカタチにする、丁寧なヒアリングとデザイン力。

「株式会社インテリックス空間設計」は、インテリックスグループの設計部門を担当する会社です。業種こそ違うかもしれませんが、同じ「モノづくり」という観点から、デザインを見る目も自ずと厳しいものだったでしょう。しかし、そこはさすがでしたね。打ち合わせの度に、今日はどんなものが出てくるだろうという期待感がありました。こちらの社内体制が変動する過渡期ということもあり、将来的なビジョンや具体的なイメージをうまくお伝えできないままだったにもかかわらず、私たちがまさにカタチにしたかったものをうまく作ってくれたという、満足感があります。それはやはり、丁寧なヒアリングの結果だと思いますよ。

企業の本質を引き出す、第三者からの視点。

この事例の実績紹介

Webサイトも会社案内もなかった状態から、一緒にコンテンツを作って頂きました。私たちの仕事の流れや、漠然とした思いなどをお話していくうちに、社内で行っていた勉強会の中にこそ、仕事に対するこだわりが詰まっていることに私たち自身が気づかされました。こうしてできたのが、「4つのこだわり」というコンテンツです。内部からの視点と、エレファントさんの第三者としての視点がうまく融合して、訴求点を押さえながらもユーザ目線に立ったコンテンツが、うまく組み立てられていると思います。

弊社の方でこだわりながら時間をかけて撮った写真も、非常にきれいに使って頂いたのも良かった。見ても、読んでも充実したサイトです。いわゆる建築会社にありがちなホームページとは異なる、オリジナリティと確固たるコンセプトを持ったものに仕上がっていると自負しています。もちろん、グループ内での評価も上々ですよ。

たかが会社案内、されど会社案内。唯一無二の出来に満足。

この事例の実績紹介

ブランドイメージを統一させるために、Webに引き続き会社案内の制作もお願いしました。Webが良い出来でしたので、もちろん会社案内にも期待していましたが、これもまた満足度の高いものでした。お願いしたのは、親会社の会社案内の体裁を踏襲して、三ツ折り型にしたいということ。そこから、「空間設計」の企業コンセプトまで深く考え抜いて頂き、建築や美術の基礎とされている「黄金分割」を駆使した形状をご提案頂いたときには、思わずなるほど、とうなってしまいました。また、シンプルなデザインを際立たせるために、外側には「白の中の白」と謳われるルミネッセンス、中ページには墨文字が最も映えるスーパーファインスムースと、印刷用紙までしっかりと吟味して頂きました。こうした細部にまで手を抜かず仕事をする、という姿勢は私たちにも通じるものがあり、共感することができました。また、私たちの現場の精神から、プロにはプロのやり方があると、結構自由に作ってもらったのも、面白いものを作ることができた理由かもしれません。

営業ツールが仕上がり、これからの業務発展が楽しみに。

現在は、ホームページからの受注を受付けるために、社内体制を整えている最中です。これまでグループ内の受注にかかりきりでしたが、次のステップでは直接お客様との接点を持つことが、作り手として「空間設計」が望んでいることです。こうして営業ツールが出来上がりましたので、その下地は整えられました。さあこれからと、社内の士気も上がっているところです。

top